ブランド品買取りで偽物だった場合

ブランド品買取りで偽物はどうなる?

使っていないブランド品を売れば少しぐらいはお小遣いになるので
断捨離の意味も込めて使わないなら売ったほうがいいでしょう。

 

ところでブランド品買取りにおいてもし売ろうとしているブランド品が
偽物だった場合はどのような対処をされるか知っているでしょうか?

 

もちろん偽物の場合は買取りすることができないというのはわかると思います。
しかし、査定士の人が「これは偽物なので買取りできません」ということはありません。

 

ただシンプルに値段を付けることができないとだけ言われることがほとんどです。
あくまでもブランド品の買取り業者が提示してくるのは買取り金額だけです。

 

ですので、偽物で値段を付けることができない場合にどこがどう本物と違うから
このブランド品は偽物だと言われることはないのです。

 

もちろん、本物でも状態によっては値段が付かないということもあります。
ではなぜそのブランド品が本物か偽物なのかを教えてくれないのかと言えば、
それは買取り業者のほうも判断ができない場合があるからです。

 

そもそもブランド品の真贋鑑定はそのブランドか、もしくはそのブランドから
特別な権限を与えられている買取り業者でなければ判断ができません。
巷のブランド品の買取り業者というのはそういった情報や過去の経験から
偽物か本物かを判断しているだけに過ぎないので仮に査定によって買取り額を
付けることができないからといって全てが偽物であるわけでもないということです。

 

反対に偽物かもしれないものに関しては買取り額を安くして買い取るケースもあります。
以上のようなことを考えるとブランド品を売る場合には鑑定能力の高い買取り業者に
査定を依頼することが最も重要であるということがわかると思います。

 

その物自体によっても査定額は変わりますが、買取り業者によっても査定額が
変わることがあるのはこうした事情もあるからなのです。